fbpx

【マネーアカデミー 】受講生インタビュー 

岡田紘明さん 東京都・受託給食会社勤務

【今の働き方や将来のお金に悩んでいた岡田さんが選んだお金の教養】

岡田さんインタビュー動画はこちら↓

-では、自己紹介をお願いします。

岡田ひろあきと申します。現在28歳で、給食委託会社の管理栄養士として会社員をしております。

 

もともとはインターネットで副業とかビジネスを調べていた中で、黒田さんのお名前を拝見しました。

 

調べているうちに知り合いの名前でつながりが出てきたので、この人と黒田さんは知り合いなんだなって、どういう人なんだろうって思ったのがきっかけです。

 

-受講前にどんなことに悩んでいましたか?

当時、会社のことで色々悩んでいたんです。転職を考えていました。

 

だけど、転職するにしても同じような仕事をするのもどうなんだろうなって。

 

自分自身で新しいこと始めたいけど、そのための方法ってどうやってやろうかなって調べていた時でしたね。

 

会社のことで悩んでいた時に、このまま会社にいていいのか、出世できるのか。

 

出世していいお給料をもらえるのか。

 

ここでもらえなかったらこの先の生活費とか、貯蓄っていうのをどうすればいいんだろうなっていう悩みはその時からありました。

 

今からでいうと2年前くらいだったかなと思います。当時は会社で伸び悩んでいて、仕事でもミスが続いてしまっていたんです。

 

最初は会社でも期待というか声をかけられていた中で失敗が続いていて、この先自分大丈夫なのかなって悩みがあって。

 

大きい現場の責任者を任されていたんですけれども、思うようにいかない、、、

 

会社の人にもクライアントさんにもご迷惑をおかけしてた時があって。

 

その時ミスが続いていて、このままこの会社にいて自分は役に立てるのだろうかっていう悩みもありました。正直、自分自身がネガティブになってこの仕事向いてないんじゃないかって。

 

ここで役に立てなければ出世もできないし、出世できなければお金もたまらないっていうイメージでしたね。

 

だったらもういっそのこと辞めてしまって、他の選択肢とかを探した方がいいのかな、っていう思いがありました。

 

栄養士っていうくくりでいうと同じ委託会社か、あとは病院とか施設の直営になるのかなって思っていて。それ以外の選択肢だとどんなのがあるのかなと思って調べていました。

 

-将来の不安はありましたか?

今の仕事でやりがいが本当に見つけられるのかなっていう思いと、あとはお金の面。

 

貯蓄できるのかな?、貯蓄できなかったらこの先の生活、老後の生活とか。

 

働けなくなった時、貯蓄がなければ年金だけでは生活できないだろうなっていうざっくりした印象はあったので。

 

となると年を取った時に生活をどうすればいいんだろうっていう悩みや思いはありましたね。

 

-こんなふうになりたくないっていうのはありますか?

極端で、言葉も悪いかもしれないですけどホームレス、路上生活にはなりたくないですね。

 

周りに人がいないっていうような、頼れる人がいないっていうような状況にはなりたくないって。

 

人生何が起きるかわからないし、もしかしたらなる可能性もゼロじゃないのかな程度です。最悪そこに行くんじゃないかと。

 

-情報を収集した時はなにがありましたか?

資産運用のこともありましたし、今は副業解禁の時代になってから、いろんな副業があるんだなってのがあったので。

 

これだったら自分位もいけるのかなっていうようなものはいろいろ見つけることができたかなと思います。

 

今は、私自身が実際にやっているWEBライティングを見つけたのも1つですし。

 

別の方のお話を伺っていろいろアフィリエイトとか。

 

アフィリエイトって最初ブログ書いて広告収入とかで大変なイメージがあったけど簡単な方法っていうのも中にはあるんだなってことも知った感じですね。

 

資産運用は同時進行で、まだその時は比重はそこまでは大きくなかったですけど。目に入ってくれば見るっていう程度でしたね。

 

資産運用は興味があったというか、なんとなくやらなきゃいけないんだろうなっていう程度には思ってはいたんですけど、そこまで気にしてないっていう状況。

 

やらなきゃいけないんだけど、まだまいっかーって。

 

-資産運用に興味を持ったきっかけはありましたか?

少し前に、老後2000万円問題がニュースで話題になった時ですね。

 

ちょうどWebライティングを始めるためのスクールに通っている時期だったんです。

 

このスクールでWebライティングが始められれば1つの副収入が得られるなっていう思いがあったので。

 

じゃあこの副収入を得た中でこの先どうしていこう、仕事を含め資産運用もしなきゃいけないんだなっていう思いました。

 

そこから資産運用について調べて、比重を重く起き始めたタイミングでした。

 

調べた1つにFXがあって、FXは深くは調べてないですけどギャンブル性が高いなと。

 

運が良ければ一山当てられるけれど、運が悪ければほとんど失う。ハイリスク・ハイリターンだなって。

 

あとは不動産投資。別の大きいメディアのスクールで、無料体験スクールだったのでそれに1回行ってみたりして不動産投資ってどんなものなのかなって情報を収集したことはありました。

 

不動産投資だと大きいお金が必要だったので、それだけのお金はまだないなって思ったので、その時は手を出しませんでした。

 

何かやらなきゃいけないと思っていました。(年金2000万円問題で)より強く思うようになりました。

 

今までも年金がもらえないってざっくりとした不安はあったけど、老後に2000万円必要ですよって明確に数字として入ってきたことが大きいのかなって思います、具体的な数字として入ってきたのが。

 

その時の印象だと今から老後65歳まで2000万円貯められるかって言ったら、今から普通に貯金していったらたぶん無理だろうなって、大きい額に思いました。

 

-周りの人たちと話したりしましたか?

その時は、周りの人たちと(話したこと)は全くと言っていいほどしていなかったですね。

 

お金の心配はその時は1人で考えてました。家で1人でいる時とかは考えたりしますし、あとはニュースで目に入ってくるたびに大丈夫かなってどうしようかなっていうのは悶々と考えてました。

 

-スクールの話を知った時に最初の印象はどう思いましたか?

最初は資産運用はそこまで詳しくなかったので、FXや不動産投資、あとは株のイメージもあったんですけど。

 

大きい額がないと始められないとか、ハイリスク・ハイリターンっていうのが最初のイメージはありました。

 

ハイリスクハイリターン・大きいお金が必要っていうのはその時の自分のイメージで。

 

あとはインターネットで調べていながらも、インターネットの情報が全て正しいとは思わないので、まずは一度話を聞いてみるのもいいかなって、無料だったので。

 

まずは話を聞いてそれで怖いなと思ったら手を引くのでもいいし、知り合いが黒田さんの知り合いだったのでそういった面でも繋がりもあるし、少し信頼できるのかなと思って申し込みました。

 

-話を聞いて何か変わりましたか?

アメリカ株のお話を伺って、1株からの少額から始められるっていう話も伺えましたし。

 

アメリカ株の成長率がしっかりと成長していっている。大きいリターンは見込めないけど、リスクが小さい、ローリスクっていうお話は聞いて、ああそうなんだって思いました。

 

実際数字で見せてもらって、数字で入ってくると確信、安心なんだと思いました。

 

-受講しようと思った決め手はなんですか?

始めなきゃいけないっていう思いがずっとあったけど、そのタイミングを探していたところで。

 

実際お話を伺ってローリスクで安心だけど長期的にやっていればしっかり結果が残せるって。ローリスクだし、やらなきゃいけないし、やるならこのタイミングかなって思って。

 

思い切ったのもあったと思います。

 

-受講して良かったことはなんですか?

いろいろお金に関する知識を教えていただく中で、実際にアメリカ株を一緒に買うところまでサポートしていただけたっていうのがよかったです。

 

自分がなかなか行動に移せるタイプではないので、そこを一緒にやっていただけたっていうのは実際の行動につながったのは大きいし、すごい良かったです。

 

他の人とも一緒に受けれるので、そこでつながりというか、仲間というか、ひとりじゃないのが。スクールっていう形式だから良かったのかなって思います。

 

それぞれひとりじゃないから思うことも考えることもバラバラなので、いろんな意見を聞くってこともすごく良かったかなと思っています。

 

-他の人の意見で印象に残ったのはありますか?

1つは消費と浪費を考える中で、自分は浪費と思ってたことも人によっては消費になるし。

 

あとはいろんな年代の方がいるので、自分は今から始めれば毎月この金額でいけるけど、じゃあこれが数年後だったらこれだけ値段が変わってくるんだなっていうのも印象としては大きかったです。

 

-他に印象に残っていることはありますか?

他の人がどんなことをやっているのか。

 

格安スマホに乗り換えたとか、あとは保険のこととかも。

 

自分も言われてから手をつけたこともあったんですけど、他の人は以前からやっていたとかも意識の違いとして。

 

他の人はこういうことも以前からやってたんだなって、自分は調べただけだったけどみたいな。

 

刺激というか、一緒にスクールで同じことを学んでいるけれど、最初の意識の違いもあるしこれから意識の違いとしてもこれからでてくるのかなって思いますね。

 

スクールが終わった後の意識を保つ上では刺激になったのかなって思います。

 

-受講して、変わったことはありますか?

株っていうのが、毎月コツコツが大事って教えていただいたので、これま毎月コツコツ続けていって将来蓄えにしていこうって実際始めたことですし。

 

あとお金に対する意識としても今までなんとなく、自分の好きなものをなんとなく買い物かごに入れてしまっていたのをこれって本当にいま必要なの?って考えるようにはなりました。

 

お酒が好きで、仕事終わりに買って帰ったりするんですけど。

 

前は自分の好きなお酒をとりあえず買い物かごに入れてどんどん自分の家にストックして飲めるようにしていたところが、買う時に、まだ家にあったよな。まだいっか。っていうようになったのは変わったことだと思いますし。

 

それ以外の生活品でも、予備として置いておくべきもの置いておかなくていいものを考えるようになりました。シャンプーとかは毎日使うものだからこれは予備があってもいいなとか。

 

スポンジとか、なくなっていくものだけどその時すぐに置いておかなくても別に、いざとなったら100均でもすぐに買いにいけるものだからいますぐ買わなくてもいいかって。

 

小さいことですけど、予備の必要なもの必要ないものを仕分けはするようになりました。(お金の)意識が変わったと思います。

 

(受講する前は)将来蓄えなきゃいけないなと思いながらも、今別にちょっと使ったぐらいじゃ変わらないだろうとっていうのもあったので。突発的に欲しいと思ったものは買ってしまっていましたね。

 

-もっと早く知りたかったことはありますか?

実際に始める株っていうのも、老後まで貯めるのに今の年齢からやると毎月の金額ですかね。

 

じゃあこれが数年早かったら毎月の金額が安くなったのかなって思うと、もっと安く済むうちに始めておけば良かったなって思うのはあります。

 

あとは、仕事を始める時に保険にも入ったんです。

 

だけど、保険もいろいろ教えていただくと考えてみたらこれ必要なかったなって思うのもあったので、それもその時に知っていれば不要な保険に入らずに済んだなのかなって今では思いますね。

 

会社に入社するにあたって、会社から保険についての説明というか提携なのかな、保険屋さんが来て話を伺って、こういうのがありますよ、入った方がいいですよって。

 

そこで、自分も深く考えずに「ああ、いいですね。はい、はい、わかりました」って契約してしまったような流れでしたね。

 

 

「保険」=「必要なもの」っていうイメージだったので、その時には疑問は思ってなかったですね。

 

その時は、大きい病気をしたとか、怪我をしたとかの時に保険がおりるというか。

 

あとは仕事柄、感染症病棟で感染症になると働けなくなるので、その後収入がなくなるのでその感染症というか、何日間働けなくなったら保険がおりるていうような保険に入ってました。

 

-スクールの知識を持って社会人1年目に戻ってやり直せるとしたら、なにをやり直しますか?

今思うのは、保険についてもう1回ちゃんと考えたいなっていうのと。

 

大きい怪我や病気にかかればたしかに大きいお金は必要だけれど、他の制度でも応用がきくって教えていただいたので。

 

だったら毎月保険に払わなくても、病気になった時にその制度を使えば、そこまで大きい金額の違いはないなと思うので。

 

入る保険ていうのをもう少し選べるのかなと思いますね。

 

あとは若いうちにもっと積立るというか、資産運用を始めていれば月々の負担も小さいので、早いうちから始めていれば今よりも毎月安い金額でやれたので、早いうちに知っていれば良かったなって思います。

 

-受講して一番良かったことはなんですか?

いろいろ良かったことあるんですけどその中であげるとすれば、お金の意識はあるかなと思います。

 

必要なもの、不必要なものをしっかり判別する意識があれば、さっきの保険の話にもつながらいますし。

 

今思うとこれ無駄遣いだったなっていうのが多々あるので、その知識があれば無駄遣いを防ぐことができたのかなと今になれば思います。

 

-もし受講しなかったらどうなっていたと思いますか?

始める前から資産運用とか、将来の貯蓄と関しては不安はあったので、その不安を今でもまだまだずっと悶々と持っていたと思います。

 

不安を持ちながらもお金に対する意識がなければなんとなくの買い物も今でも続いていたのかなと思いますね。

 

なんとなくですけど、世間の定年の年齢を迎えても生活のためには仕事をしなきゃいけない。

 

高齢になるとできる仕事も限られてくると思うと、やりたくない仕事もまだまだ続けなきゃいけない人生なってたのかなと思いますね。

 

-どんな人が受講した方がいいですか?

お金に対する不安を今少しでも持っている人は、教えていただける資産運用がローリスクなのでまずはやってみるっていうのも全然ありだと思うし。

 

長期運用となると若いうちから始めた方がいいって思うので、お金に不安を持っている若い方っていうのは、実際すぐ始めるとはいかなくても1度話を伺うのはすごくいいのかなと思います。

 

自分みたいにお金に対する意識っていうのがまだない人、お金の意識って人に言われないと自分自身で高めていくことって、たぶん出来ないのかなって思うので。

 

今自分自身でもお金に対する意識が弱いのかなって思う人は、受けてみると変わることはできるのかなって思います。

 

-身の回りに受けた方がいいっていう人はいますか?

いますね。実際に身近にいる人でいうと、最近ご結婚をされて子供も生まれるけど、お金の意識というか考えてないことはないでしょうけど。

 

「とりあえず貯金しなきゃ、貯金しなきゃ」って言ってる方を見ると、貯金以外の方法もあるのになって思いますね。

 

-どんな人は受講しない方がいいですか?

今もうすでに自分自身でお金に関してもう考えている方っていうのは。

 

この講座で教えていただけることは、失礼かもしれないですけど、誰でもやりやすいこと。

 

だからすでに出来いる人はこの講座でなくてもいいのかなって思います。

 

教えていただく内容が長期運用でローリスクってことなので、今すぐ大きいお金が必要とか、一発当てたいという方には向かないのかなと思います。

 

-スクールに入学はしたけれど、始まる前までに感じていた不安はありましたか?

入学するにあたってもお金は必要だったので、受ける前はこのお金に見合う内容を教えてもらえるのかなっていうのは最初ありましたね。

 

-その不安は、受講した後にどう変わりましたか?

実際に聞くと、誰でもできることだけれど言われなきゃ知らなかったりわからなかったりすることなので。

 

実際に大きいお金は払ったけれども、しっかり実践していればその分は取り返すことができるんだなっていうのがわかったので。その点については受けてから安心したなって思いますね。

 

-最後にこれからお金の教養を学ぼうって方へメッセージをお願いします。

今回自分が受けさせていただいた黒田さんの講座っていうのは、誰でも始められることだし、意識できることなので。

 

まず将来のお金に関して不安をもってたり、これからどうしようって思っている方であればまずは一度お話を伺ってみるのもいいのかなって思いますし。

 

この講座に入る前に個別相談っていう機会を設けていただけるので、お話を聞いて合わなければ入らないっていう選択肢もありだと思うので。

 

この講座に入ることで、意識が変わることが大きいと思うのでまずお話を聞いてみるとすごくいいのかなと思います。

-岡田さん、ありがとうございました。

 

受講生の声はこちら