fbpx

【マネマã‚Ēã‚Ŧデミマ ã€‘å—čŽ›į”Ÿã‚Īãƒģã‚ŋビãƒĨマ 

äļ­åģķ隆文さん įĨžåĨˆå·įœŒãƒŧčĢ―薮侚įĪūå‹Ī務

【友䚚、先čžĐãĻįūŽå‘ģしい投čģ‡čĐąãŦéĻ™ã•ã‚Œįķšã‘た䚚がたãĐりį€ã„たパマトナマãĻäļ€į·’ãŦåŪ‰åŋƒã—ãĶ取りįĩ„めるčģ‡į”Ģ運į”ĻãĻãŊ】

äļ­åģķさんã‚Īãƒģã‚ŋビãƒĨマ動į”ŧãŊã“ãĄã‚‰â†“

-でãŊã€č‡Šå·ąįīđäŧ‹ã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãūす。

初めãūしãĶ、äļ­åģķ隆文ãĻį”ģしãūす。

 

äŧŠãŊã§ã™ã­ã€ãƒ•ã‚Ąã‚đテã‚ĢãƒģグãĻいうåĨåš·æģ•ã‚„ダã‚Īã‚ĻットãŪこãĻおんですけãĐ、そういãĢたもãŪを切りåĢãŦしãĶそãŪäššãŪį”Ÿæīŧã‚đã‚ŋã‚ĪãƒŦãĻã‹ä―“čģŠãŦあãĢたようおダã‚Īã‚Ļットæģ•ãŋたいおもãŪをã‚Ŧã‚đã‚ŋマã‚Īã‚šã—ãŠãŒã‚‰ä―“čģŠæ”đ善するようおäŧ•äš‹ã‚’させãĶいただいãĶいãūす。

 

-お金やčģ‡į”Ģ運į”ĻãŪこãĻã§å—čŽ›å‰ãŦãĐんおこãĻãŦæ‚Đんでいãūしたか

å­Ķį”ŸãŪ時からぞんやりãĻこãŪãūãūでãŊやばいãŪかおãĻ思ãĢãĶ、ã‚đã‚ŊマãƒŦãĻかãŊč‡Šåˆ†ã§é€šãĢãĶたんですね。

 

よくあるãĻいうか、勧められるがãūãūãŦčē·ãĢãĶ、åĪąæ•—しãĶã‚’ãĄã‚‡ãĢãĻįđ°ã‚Ščŋ”しãĶãūしたね、å­Ķãķ前ãŊ。

 

ã‚đã‚ŊマãƒŦãŊæŊŽé€ąæ—Ĩ曜æ—ĨãŪ朝時からčĐąã—ãĶいく、å…Ļ回ãŪčŽ›åš§ã§ã€‚

 

それãŦįŸĨり合いãŦčŠ˜ã‚ã‚ŒãĶ行ãĢãĶ、å­Ķã‚“ã§ã„ãã†ãĄãŦæĩ·åĪ–ãŦåĢåš§ã‚’ä―œãĢãĶ、æ—Ĩ朎よりéŦ˜åˆĐ回りだから預けãĶいこうãŋたいおやãĪをå­Ķį”ŸãŪ時ãŦやりãūしたね。

 

å­Ķį”ŸãŪ時からč‹Ķå­Ķį”ŸãĻいうか、čĶŠã‹ã‚‰äŧ•é€ã‚Šã‚‚もらãĢãĶおかãĢたãŪã§č‡Šåˆ†ã§č‡Šåˆ†ãŪお金をãĐうãŦã‹ã—ãŠããĄã‚ƒã„ã‘ãŠã„ãĢãĶいうãŪがあãĢたんですよ。

 

äŧŠãŊåĪ§äļˆåĪŦだけãĐ、将æĨãŊåĪ§äļˆåĪŦãĢãĶいうäļåŪ‰ãŊあãĢたãŪで。

 

į›ļčŦ‡ã—たらåĨĻå­Ķé‡‘ã‚‚ãĄã‚‡ãĢãĻčēŊãūãĢãĶたãŪで運į”ĻすればええやんãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶ、įĒšã‹ãŦãĢãĶ思ãĢãĶ。

 

あãĻãŊ、į‹ŽįŦ‹ã‚’したいãĢãĶいう思いがずãĢãĻあãĢたãŪで、そãŪãūãūäļ€ãĪãŪčģ‡é‡‘ãŦ、čŧčģ‡é‡‘ãŦおればいいおãĻ思いãŊありãūしたね。

 

怖かãĢたんですけãĐ、こãŪäššãŊčĢåˆ‡ã‚‰ãŠã„だろうお、ãŋãŸã„ãŠæ°—æŒãĄãŒãŒã‚ãĢãĶ。įĩæžœįš„ãŦčĢåˆ‡ã‚‰ã‚ŒãŸã‚“ですけãĐįŽ‘

 

そãŪäššã‚’äŋĄį”ĻしたãŪãĻ、æ—Ĩ朎ãŪ金åˆĐãĻかをįŸĨればįŸĨるãŧãĐčēŊ金だけãĢãĶこãĻãŪãŧうがナã‚đã‚ŊおんだãĢãĶ、æī—č„ģじゃおいですけãĐįī”įē‹ã ãĢたんですね。

 

ã‚đã‚ŊマãƒŦでãŊ、最初ãŊã‚ēマムãŋたいお感じでキãƒĢッシãƒĨフロマã‚ēマム ã‚’ã—ãŠãŒã‚‰ä―“éĻ“をしãĪãĪ、将æĨįš„ãŦæŽēã—ã„č€åūŒãŪお金がこれぐらいãĢãĶいうãŪをäŧŠã‹ã‚‰čēŊ金するためãŦãŊãĐれくらいčēŊ金しãĶã„ã‹ãŠããĄã‚ƒã„ã‘ãŠã„ãŪãĢãĶいうãŪをãƒŊマã‚ŊでやãĢたんですね。

 

そãŪ時、僕、月äļ‡ã ãĢたんですよ。

 

「えãĢį„Ąį†ã‚„ん」ãĢãĶį„ĶãĢãĶ、やãĢãąã‚Šä―•ã‹č§Ģæąšį­–ã‚’ãĢãĶおãĢた時ãŦ、こういうãŪがあるよãĢãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶéĢ›ãģãĪいたãĢãĶ感じです。

 

最初ãŊ順čŠŋだãĢãŸã‚“ã§ã™ã‚ˆã€ãĄã‚ƒã‚“ãĻé…å―“ã‚‚æĨãĶ。めãĢãĄã‚ƒãˆãˆã‚„ã‚“ãĢãĶ思ãĢãĶたら。

 

ある時からピã‚ŋッãĻæ­ĒãūãĢãĶ。

 

おんでかおãĻ思ãĢãĶé€ĢįĩĄã‚’したら、å…ĨãĢãĶこおいãŋたいおãĻころから始ãūãĢãĶ、įĩæžœįš„ãŦこãŪäŋĄé žã—ãĶた䚚がãĻんでたãŋたいお。

 

そãŪあãĻãŊ、čģ‡į”Ģ運į”ĻãĻかãŊしおかãĢãŸã§ã™ã­ã€‚å―“æ™‚å‰ŊæĨ­ãĢãĶいうå―ĒでやãĢãĶいたãŪã§ã€č‡Šåˆ†ãŪビã‚ļネã‚đを頑åžĩるæ–đがいいおãĢãĶ頑åžĩãĢãĶãūした。

 

-働くäļ­ã§ã‚‚お金ãŪäļåŪ‰ãĢãĶいうãŪãŊありãūしたか

ずãĢãĻあãĢãĶ。å‰ŊæĨ­ãŪæ–đãĢãĶæģĒがあるãĻいうか、æģĒがあるもãŪだから。

 

こãĢãĄã‚’åŪ‰åŪšã•ã›ãŸã„けãĐ、将æĨãŪåđī金ãŊもらえおいãĻ思ãĢたæ–đがいいãĻ思ãĢãĶäļåŪ‰ãŒæ‹­ãˆãŠã‹ãĢたãŪで、おんかしおきゃおãĢãĶずãĢãĻ思ãĢãĶãūした。

 

僕ãŪå ī合ãŊ、å‰ŊæĨ­ã§ã‚„ãĢãĶいたもãŪを将æĨįš„ãŦãŊ朎でやりたいãĢãĶいう思いがあãĢたãŪで。

 

そういうãŪをå‘ĻりãŦčĐąã—ãŸã‚Šã ãĻか、äļ€į•ŠãŊäļĄčĶŠãŦですけãĐ、「やるãŪãŊいいけãĐ、将æĨįš„ãŦãĐううおãŪ」ãŋたいお。

 

ずãĢãĻįķšãã‚‚ãŪでもおいし、将æĨįš„ãŦä―•ã‹ã‚ãĢた時ãŪためãŪ備えãĻいうかお金éĒでãŪã‚ąã‚ĒãŊできãĶるãŪãĢãĶよくčĻ€ã‚ã‚ŒãĶãĶ。そういう時ãŦやãĢãąã‚Šį›īéĒしãūすよね。

 

-ごäļĄčĶŠãĻãŊお金ãŪčĐąãŊしãĶいたんですか

å‰ŊæĨ­ãŪæ–đを朎æĨ­ãŦしたいãĢãĶčĻ€ã„始めた時から、čĶŠåŋƒãŪåŋƒé…ã§ãĻいうか。åĪ§äļˆåĪŦかãŋたいお。

 

-äļĄčĶŠäŧĨåĪ–ãĻお金ãŪčĐąã‚’ã™ã‚‹ã“ãĻãŊありãūしたか

あãūりしおかãĢたãŪかお。į‹Žã‚Šã§æ‚ķ々ãĻæŠąãˆãĶãūã—ãŸã­ã€‚ä―•ã‹ã—ãŠãã‚ƒã€ä―•ã‹ã—ãŠãã‚ƒãĢãĶ思ãĢãĶãūした。

 

-å—čŽ›å‰ãŦ取りįĩ„んでいたこãĻãŊありãūすか

äļå‹•į”Ģをčē·ã„ãūしたね。

 

å­Ķį”ŸãŪ時ãŪåūŒčžĐã‹ã‚‰ã€ä―•ã‹ã—ãŸã„ãĻčĐąã—ãŸæ™‚ãŦ、そãŪ子ãŊäļå‹•į”ĢもやãĢãĶいたãŪで。すごいいいåˆĐ回りãŪもãŪがありãūすよãĢãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶ、čĐąčžã„ãĶãĢãĶいう感じですね。äŧŠãŦしãĶ思えばいいčĐąã§ãĻãŊ思わおいですけãĐ、įŸĨč­˜ãŒãŠã‹ãĢたãŪですごいんだãĢãĶ。

 

僕ãŪã‚ĪãƒĄãƒžã‚ļでãŊ、äļå‹•į”ĢãĶæœˆïž‘ï―žïž’äļ‡ãŊåˆ‡ã‚Šå‡šã—ã—ãŠããĄã‚ƒã„ã‘ãŠã„ã‘ãĐ、将æĨįš„ãŦãŊčŋ”ãĢãĶくるよ、åŪķčģƒåŽå…Ĩがãŋたいお。

 

頭金ゞロで初月からお金がčŋ”ãĢãĶくる、そんおåĪĒãŪようおãŪあるんだãĢãĶčē·ãĢãĄã‚ƒã„ãūしたね。それãŊæ­ģãŪ時でした。

 

äļ‡å††ãŪäļå‹•į”Ģでしたが。čē·ã†ãŪãŊめãĢãĄã‚ƒæ€–ã‹ãĢたですよįŽ‘

 

ã‚ˆãã‚ã‚ŠãŒãĄãŠã€čĐąã‚’čžã„ãŸåˆæ—ĨãŦäŧŠæąšæ–­ã—おいãĻïž“æ—ĨåūŒãŦãŊåĢēり切れãūすよãĢãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶ。

 

そãŪ時ãŊ、よしãĢ、ãĢãĶ思いãūしたね、ようやく1個čģ‡į”Ģå―Ē成がčĶ‹ãĪけられたãĢãĶ。これをčē·ã„įķšã‘ればいいんだãĢãĶ思いãūしたね。

 

äŋé™šã‚‚、äŋé™šãŪ運į”ĻãĻいうå―Ēで、į”Ÿå‘―äŋé™šãĻįЍįŦ‹äŋé™šåŒæ™‚でやãĢãĶãĶã€‚ãã‚Œã‚‚č‡Šåˆ†ãŒã‚ĩポマトしãĶいるおåŪĒさんãŦäŋé™šãŪå–ķæĨ­ã‚’されãĶいるæ–đがいãĶčĐąã‚’čžã„ãĶãĶすごいいいおãĻ思ãĢãĶ。

 

それも将æĨãŪčēŊ蓄ãĻいうか、å­Ķį”ŸãŪ時ãŦåĪąæ•—しãĶるįĩŒéĻ“ãŊあるんですけãĐã€ä―•ã‹ãŊæŽēしいãŋたいおãĻ思ãĢãĶたãŪで。

 

-ã‚đã‚ŊマãƒŦãŪčĐąã‚’įŸĨãĢた時ãŦ最初ãŪå°čąĄãŊãĐう思いãūしたか

æ­Ģį›ī、éŧ’į”°ã•ã‚“ãŊビã‚ļネã‚đをã‚ĩポマトしãĶいる䚚ãĢãĶいうã‚ĪãƒĄãƒžã‚ļがあãĢたんですけãĐ。お金éĒもやãĢãĶくれるんだ。ありがたいおãĢãĶ。

 

-昔も勉垷しãĶ、ãūたå­ĶãķãŪかãĢãĶ思いãūせんでしたか

å­ĶんだãĢãĶいãĢãĶã‚‚ã‚ˆãã‚ã‚ŠãŒãĄãŠã€ãŋんおãŦ向けãĶãŪįŸĨč­˜ã ãĢたりãĻã‹ã€č‡Šåˆ†ãŦã‚Ŧã‚đã‚ŋマã‚Ī゚しãĶくれãĶたもãŪでもおいわけだし。

 

僕ãŊįŸĨč­˜ãŒãŠã„ã‹ã‚‰äļå‹•į”ĢãŪ時思ãĢたãŪãŒã€č‡Šåˆ†ãŊいいãĻ思ãĢãĶãĶも、äū‹ãˆã°äļå‹•į”ĢãŦå‹ĪめãĶいる友達ãĻか、äļå‹•į”Ģをäŧ–で持ãĢãĶいるようお䚚ãĻかãŦčžããĻå…Ļį„ķよくおいよãĢãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶ。

 

č‡Šåˆ†ãŪåˆĪ断čŧļがおいãĻč‰Ŋいか悊いかすらわからおくãĶ。ãĐãĢãĄãŪ意čĶ‹čžã„たらいいãŪãŋたいおãŪがあãĢãĶ。

 

č‡Šåˆ†ãŪåˆĪ断čŧļã‚’ä―œã‚ŠãŸã„ãĢãĶいうãŪがずãĢãĻあãĢãĶ。

 

éŧ’į”°ã•ã‚“ãŪčŽ›åš§ãŒã™ã”ãã„ã„ãŠãĻ思ãĢたãŪãŒã€ä―•ã‹ãŪå•†å“ã‚’ã‚ãĄã‚ƒããĄã‚ƒã‚Šã‚đã‚đãƒĄã™ã‚‹ãĢãĶいうãŪでãŊおくãĶå…Ļä―“įš„ãŦしãĶいるãĢãĶいうãŪがあãĢたじゃおいですか。

 

äļå‹•į”ĢãĻかäŋé™šãĻか、ãĢãĶいうãŪãŒč‡Šåˆ†ãŪäļ­ã§ãŊすごくいいおãĻ思ãĢãĶ。かいãĪãūãŋįĻ‹åšĶだãĢãŸã‚“ã§ãĄã‚ƒã‚“ãĻ勉垷しようãĻ思ãĢãĶ。

 

-å—čŽ›ã—ã‚ˆã†ãĻ思ãĢãŸæąšã‚æ‰‹ãŊおんですか

僕ãŊïž’ãĪかお。

 

ïž‘ãĪãŊäļå‹•į”Ģ。持ãĢãĶいるし、ãĐうすればいいかわからおいからãĢãĶいうãĻころãŪįŸĨ識ãĻ。

 

あãĻãŊ、äŧŠã‚‚ã‚„ãĢãĶいるんですけãĐ、栊ãŪãĻころ。å”Ŋäļ€č‡Šåˆ†ãŒã‚„ãĢãĶおいãĻころでもあãĢたãŪで、įŸĨ識ãĻしãĶもæŽēしいおãĻ思いãūした。

 

-ã‚đã‚ŊマãƒŦãŦå…Ĩる前ãŊäļå‹•į”Ģやäŋé™šãŦネゎテã‚Ģブおã‚ĪãƒĄãƒžã‚ļãŊおかãĢたですか。

čĶ‹ãŠã„ようãŦしãĶいãūした。ネゎテã‚ĢブでãŊおかãĢた気がしãūã™ã€‚č‡Šåˆ†ã§ãŊ始めãĶいるけãĐ、さらãŦãĄã‚ƒã‚“ãĻやろうãĢãĶ。

 

-å—čŽ›ã—ãŸæ„ŸæƒģãŊãĐうですか

めãĢãĄã‚ƒã‚ã‚ŠãūすけãĐ。äļ€į•Šã‚ã‚‹ãŪãŊ、おぜåđī前ãŦこれをįŸĨらおかãĢたんだろうãĢãĶ。äļå‹•į”Ģčē·ã†å‰ãŦįŸĨりたかãĢたおãĢãĶいうãŪがäļ€į•Šã€‚äŧŠãĄã‚‡ãĢãĻč‹ĶしんでいるãŪでįŽ‘

 

éŧ’į”°ã•ã‚“ãŦį›ļčŦ‡ã—た頃ãŦãŊã€ã‚ã‚ã‚‚ã†ãƒ€ãƒĄãŠã‚“ã ãŠãĢãĶおんãĻおくわかãĢãĶたãĢãĶいうãŪもあるんですけãĐ。

 

そãŪ時々ãŦčžã„ãŸã‚‚ãŪãŦéĢ›ãģãĪきすぎたんで、å…Ļä―“ã‚’å­ĶんだäļŠã§éļばおかãĢたãŪが敗因ãĻいうか。äŧŠã ãĢたらįĩķåŊūéļばおいだろうおãĢãĶいうãŪをéļんでるãŪで。

 

-å—čŽ›ã—ãĶ、åĪ‰ã‚ãĢたこãĻãŊありãūすか

もãĻからæ”Ŋ凚ãŪã‚ģãƒģトロマãƒŦãŊやãĢãĶいたãŪで、ãĐãĢãĄã‹ãĢãĶいうãĻč‡Šå·ąæŠ•čģ‡ãŪ額ãĻã„ã†ã‹č‡Šå·ąæŠ•čģ‡å…ˆãŪčĶ‹į›īã—ã‚’æ„č­˜ã—ãĶするようãŦおりãūしたね。

 

これãūでãŊおんãĻおくバãƒģãĢãĶå…ĨれãĶたãĢãĶã„ã†ã‚ˆã‚Šã‚‚č‡Šåˆ†ãŪビã‚ļネã‚đãŪį™šåą•ãŪためãŦå…ĨれãĶたんですけãĐå―“į„ķ回収できたもãŪもあればできおいもãŪもあãĢたんですけãĐ。

 

äŧŠã€å‰ŊæĨ­ãŪæ–đãĻ朎æĨ­ãŪæ–đでそれぞれ手取りå‰ēくらいãŊåŋ…ãšč‡Šå·ąæŠ•čģ‡ãŦå―“ãĶるんですけãĐ、そãŪäļ­ã§ã•ã‚‰ãŦæ ŠãŦãŊこれくらいãĻã‹č‡Šåˆ†ãŪビã‚ļネã‚đãŦãŊこれくらいå…ĨれるãĢãĶæŒŊり分けãĶå…ĨれるようãŦおãĢãĶã€č‡Šåˆ†ãŪäļ­ã§ãŊåĪ§ããŠã“ãĻだおãĢãĶ。

 

-čĄŒå‹•ãĻしãĶåĪ‰ã‚ãĢたこãĻãŊありãūすか

やめたãŪãŊäŋé™šã§ã€‚äŋé™šãŪčĐąã‚’čžã„ãŸæ™‚ãŦč‡Šåˆ†ãŠã‚ŠãŦもう1回čĶ‹į›īしãĶ、č§Ģįī„をしたりãĻか。

 

äŋé™šãŪæ–đで運į”ĻしãĶいたよりもåˆĐ回りがいい栊ãŦチェãƒģã‚ļしたりãĢãĶいうãŪãŊやãĢたこãĻですね。

 

-お金ãŪä―ŋいæ–đãĻかãŦæ„č­˜ã—ãĶいãūすか

しãĶいãūã™ã€‚čŽ›åš§ã§ã‚‚ãŠãĢしゃãĢãĶた、「å…Ļä―“ãŪå‰ēでį”ŸæīŧしãĶ、å‰ēを」ãŋたいおãŪもしãĶいるし。

 

č‡Šåˆ†ãŪäļ­ã§ã€äšĪ際čēŧãŊこれくらいåŋ…čĶãĻか、éĢŸčēŧãŊこれくらいãŦ抑えるãĻかäļ€åŋœå…ĻéƒĻå‰ēりæŒŊãĢãĶいãūã™ã€‚æąšã‚ãŠã‹ãĢた時よりかãŊåŪˆã‚ŒãĶいãūす。

 

僕ãŪå ī合ãŊč‡Šåˆ†ãŪ之æĨ­ãŦも投čģ‡ã§ãã‚‹ã—、栊ãŦも投čģ‡ã§ããĶるから。

 

之æĨ­įš„お将æĨもåŪ‰åŋƒã§ãã‚‹ãĻころがあるし、åˆĐ回りをåŦめãĶ将æĨãŪåŪ‰åŋƒã‚‚あるãŪで、手元ãŦæŪ‹ãĢたお金をä―ŋうこãĻãŦčšŠčš‡ã—ãŠããŠãĢた。

 

昔ãŪ僕ãŦã‚ã‚ŠãŒãĄã ãĢたãŪが、いãĢãąã„čēŊ金したいからãĢãĶ運į”ĻしたいからãĢãĶč‡Šåˆ†ãŪやりたいこãĻをけãĢこう我æ…ĒしãĶいたんですね。

 

čē·ã„たい服があãĢãĶもčē·ã‚ãŠã„ãĻã‹ã€æœŽå―“ãŊこãŪéĢŸãđį‰ĐがéĢŸãđたいけãĐ我æ…ĒしãĶãŋたいお。

 

äŧŠãŊそうでおくãĶã€ãĄã‚ƒã‚“ãĻここãŊここでåŪ‰åŋƒã—ãĶ運į”ĻしãĶいるんだから、こãŪお金ãŊåĨ―きおãŪãŦä―ŋうãŋたいãŦマã‚ĪãƒģドがåĪ‰ã‚ãĢたãĢãĶいうãŪãŊåĪ§ãã‹ãĢたですね。

 

パマトナマãĻäļ€į·’で受けれたãĢãĶいうãŪもあãĢãĶ、2䚚でお金ãŦé–ĒするäūĄå€ĪčĶģãŦ゚ノがおいãĢãĶいうãŪãŊすごいいいおãĢãĶ思いãūす。æ™Ū通ãŦæ Šã‚’čē·ã†ãĢãĶいうãŪã‚‚ã€å―“ãŸã‚Šå‰ãŦå…ąé€šãŪ侚čĐąãŦもおるし。

こãŪ間、パマトナマが初めãĶčē·ãĢた時ãŦ、よかãĢたじゃんãŋたいおčĐąãŦおりãūした(įŽ‘)

 

ã‚ŦップãƒŦも、åĪŦåĐĶもそうおんですけãĐ、お金ãŪäūĄå€ĪčĶģãŪ゚ノãĢãĶå‡šãĄã‚ƒã†ãĻåĪ§ãã„じゃおいですか。äŧŠãŪã†ãĄã‹ã‚‰åŪ‰åŋƒã§ãã‚‹ãŪãŊすごくいいおãĢãĶ思いãūす。

 

-æž į„ķãĻしたäļåŪ‰ãŦåĪ‰åŒ–ãŊありãūしたか

éŠ€čĄŒã§é ã‘ãĶいるよりãŊåˆĐ回りがいいãĢãĶいうãŪãŊ数字でčĶ‹ãĶもあきらかじゃおいですか。

 

僕ãŪå ī合、月からåŪŒå…ĻãŦ之æĨ­ã‚’ã‚„ã‚‹ãĢãĶæąšã‚ãŸãŪでおおさら、将æĨも取ãĢãĶおきたいけãĐäŧŠã‚‚ãĢãĶいうこãŪバãƒĐãƒģã‚đがé›Ģしい時、これãūでãŪįЍãŋ重ねきãĶるãŪでåŪ‰åŋƒãĶいうãŪãŊあるãŪかおãĢãĶ。

 

-もãĢãĻæ—ĐくįŸĨりたかãĢたこãĻãŊありãūすか

もうそれãŊ、äļå‹•į”ĢãŪčĐąãĻæ ŠãŪčĐąã€é–“é•ã„ãŠãã€‚

 

-ã‚đã‚ŊマãƒŦãŪįŸĨč­˜ã‚’æŒãĢãĶå­Ķį”ŸãūでæˆŧãĢãĶやりį›īせるãĻしたら、おãŦをやりį›īしãūすか

ä―•ã‚’ã—ãŠã„ãĢãĶčĻ€ãĢたら「äļå‹•į”Ģ」ãĻ、おいしいčĐąãŦéĢ›ãģãĪかおいãĻいうか。

 

僕もビã‚ļネã‚đãĻかã‚ĩマビã‚đを䞝えãĶいるåīだからあれですけãĐ、よくčĶ‹ã›ãŸã„おãĢãĶいうãŪãŊあるじゃおいですか。

 

éĩœå‘‘ãŋãŦしおいãĻいうか、įŸĨč­˜ã‚’æŒãĢãĶおきゃåˆĪ断できおい。そういãĢたãĻã“ã‚ã‚’ãĄã‚ƒã‚“ãĻ持ãĶたらおãĢãĶ。栊をãēたすらčē·ã„įķšã‘るんだろうお。

 

-å—čŽ›ã—ãĶč‰ŊかãĢたこãĻãŊおんですか

äļ€į·’ãŦå­Ķã‚“ã§ãŸäššãŸãĄãĻ、įš†ã•ã‚“ã‚„ãĢãĶいくじゃおいですか。å‘ĻりãŪäŧē間がいるãĻいうか。

 

よくあるこãĻですけãĐã€čĄŒå‹•ã™ã‚‹äļ€ãĪãŪčĩ·įˆ†å‰ĪãĻいうかãƒĒチベマショãƒģãŦおるãŪかおãĢãĶ、すごいč‰ŊかãĢたです。

 

あãĻãŊ、äļå‹•į”ĢãŪč‰Ŋい、悊いãĢãĶいうãŪがわかãĢたãŪãĻ、僕らãŪ最åūŒãŪ回ãŦあãĢた栊ãŪčĐąã€‚

 

æ ŠãĢãĶ「もうけおきゃ、もうけおきゃ」ãĢãĶ、čģ‡į”Ģ運į”ĻもそうですけãĐ、åĒ—やしãĶいãĢãĶおんぞãŋたいおãĻころがあるãĢãĶ思ãĢãĶたんですけãĐ。

 

éŧ’į”°ã•ã‚“が、「čē ã‘おい」ãĢãĶいうãĻころがすごくåŪ‰åŋƒã—ãĶできるãĻいうか。åŪ‰åŋƒã—ãĶæ Šã‚’čē·ãˆãŸãĢãĶいうãŪがäļ€į•Šč‰ŊかãĢたかもįŸĨれおいですね。åĪąæ•—しおいおこれãŊãŋたいお。

 

-å—čŽ›ã—ãĶäļ€į•Šč‰ŊかãĢたこãĻãŊおんですか

æž į„ķãĻしたäļåŪ‰ãŒãŠããŠãĢたこãĻかお。

 

å­Ķãđばå­ĶãķãŧãĐäļåŪ‰ãŠã“ãĻがでãĶくるこãĻがあãĢたãŪが、単įī”ãŠä―œæĨ­ã˜ã‚ƒãŠã„ですかå­ĶんだこãĻをåŪŸčĄŒã™ã‚‹ãĢãĶ、栊をčē·ã†ãĢãĶ。

 

でもそれでäļ€ãĪãŪåŪ‰åŋƒã‚’čē·ãˆãŸã‚ŠãĻã‹ã€č‡Šåˆ†ãŪいãĪかåđī金もらえおいãĢãĶčĻ€ã‚ã‚ŒãĶいるけãĐä―•ã—ãĶいいかわからおいし、やãĢãĶãŋたけãĐåĪąæ•—しįķšã‘たãĢãĶいうトãƒĐã‚ĶマもあãĢたãŪでそれが拭えたãĢãĶいうãŪãŊすごくč‰ŊかãĢたおãĢãĶ思いãūす。

 

-ãĐã‚“ãŠäššãŒå—čŽ›ã—ãŸæ–đがいいですか

ïž’ãĪかおãĻ思ãĢãĶ。

 

ïž‘ãĪãŊ、僕ãŋたいãŦæž į„ķãĻしたäļåŪ‰ã ã‘を持ãĢãĶいる䚚。おんãĻおくやばいんだろうおãĢãĶ、å‰ŊæĨ­ã—ãĶã‚‹äššãŦé™ã‚‰ãšã€ã§ã‚‚ä―•ã™ã‚Œã°ã„ã„ã‹ã‚ã‹ã‚‰ãŠã„ãŋたいお䚚。

もうãĪãŊ、パマトナマãĻかåĪŦåĐĶ間でお金ãŦすごいäūĄå€ĪčĶģãŪ違いがある䚚ãĢãĶいうãŪãŊぜãē。äļ€į·’ãŦå­ĶばれるãŪがäļ€į•Šã„いãŪかおãĻ感じるãĻころãŊありãūす。

 

-ãĐんお䚚ãŊå—čŽ›ã—ãŠã„æ–đがいいですか

ãĻりあえずį›Ū先ãŪåˆĐį›ŠãŒæŽēしい䚚。

 

ãžãã‚‚ãĄã‚‡ãĢãĻ思ãĢたんですけãĐ、栊čē·ãĢãĶã―ã‚“ãĻäļ‡å††ãã‚‰ã„å…ĨãĢãĶきたらį‹ŽįŦ‹ã™ã‚‹ãŸã‚ãŪいいčŧčģ‡é‡‘ãŦおるんじゃおいかおãĢãĶ思ãĢãĶたんですけãĐ。そうじゃおいãĢãĶ気ãĨいãĶ。

 

čģ‡į”Ģ運į”ĻをįŸ­æœŸįš„ãŦåĪ§ããŠãŠé‡‘がæŽēしいãŋたいお䚚ãŊã€ãĄã‚‡ãĢãĻ。すぐãŦãŊé›ĢしいãĢãĶãĻころがあるんじゃおかおãĢãĶ。そういう䚚ãŊã‚Šã‚đã‚đãƒĄã§ããŠã„ã§ã™ã€‚

 

-おčĐąã—ã™ã‚‹å‰ãŪãŪéŧ’į”°ãŪã‚ĪãƒĄãƒžã‚ļãŊ

めãĢãĄã‚ƒčŠ­ã‚ãŠã„ãĻいうか、įŽ‘ãĢãĶいるようでįŽ‘ãĢãĶいおいįŽ‘

 

æŽīãŋãŦくいãĻいう、、、。感情があるãŪかおいãŪかわからおいロボットãŪようお感じでした。

 

-おčĐąã—ã—ãŸåūŒãŪéŧ’į”°ãŪã‚ĪãƒĄãƒžã‚ļãŊ

乹間å‘ģãŪある䚚おんだおãĢãĶ思いãūした。お䞚いしãĶã€ãƒĄãƒŦãƒžã‚Žã‚’čŠ­ã‚“ã§ã„ã‚‹ãĻきãŊ憧れでもあるけãĐã€č‡Šåˆ†ãŪ遠い存åœĻãĢãĶかんじだãĢたんですけãĐ。

 

čĐąã™ãĻフãƒĐãƒģã‚Ŋだし、たãūãŦ冗čŦ‡ã‚‚いãĢたりãĻか、įŽ‘かしãĶくれたりãĻかもあãĢたり、おčŒķį›Ūおäļ€éĒもあãĢたりするãŪで。

 

-最åūŒãŦこれからお金ãŪ教éĪŠã‚’å­Ķぞう、ã‚đã‚ŊマãƒŦã‚’å—čŽ›ã—ã‚ˆã†ãĻ思ãĢãĶいるæ–đãŦãƒĄãƒƒã‚ŧマã‚ļã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãūす。

たãķんäļåŪ‰ã ãĢたりãĻか、うãūくいãĢãĶいくんじゃおいかãĻか、ãƒŊã‚ŊãƒŊã‚ŊãĻかあるãĻ思うんですけãĐ。

 

éŧ’į”°ã•ã‚“でäļ€į•Šč‰ŊかãĢたおãĢãĶ思うãŪãŊã€č‡Šåˆ†ãŒåŋƒã‹ã‚‰åŪ‰åŋƒã§ãã‚‹äššãŦおäŧŧせできるãĢãĶいうãŪがäļ€į•Šã ãŠãĢãĶ思うãŪで。æ™ŪæŪĩã‹ã‚‰ãƒĄãƒŦマゎãĻかãƒĐã‚Īãƒģã‚ĒットãĻかで配äŋĄã•ã‚ŒãĶいるãĻ思うãŪで。

 

ãã‚Œã§ä―•ã‹ã€éŧ’į”°ã•ã‚“ãŪč€ƒãˆãĻかビã‚ļョãƒģãĻかãŦå…ąæ„Ÿã§ãã‚‹ã€ã“ãŪ䚚だãĢたらいいおãĢãĶå°‘ã—ã§ã‚‚æ€ã†æ°—æŒãĄãŒã‚ã‚‹ã‚“ã ãĢたら、ãūずãŊį›ļčŦ‡ã§ã‚‚しãĶãŋるãŪがäļ€į•Šã„いんじゃおいかおãĢãĶ思いãūす。

 

å—čŽ›į”ŸãŪåĢ°ãŊã“ãĄã‚‰